チワワについて ~健康管理~

☑【理想体型】

チワワの平均体重は1~3㎏、平均体高は15~25㎝です。しかし遺伝や骨格によって体の大きさが変わってくるため、平均体重より重くても肥満とは限りません。そこでどこからが肥満なのかを把握する際に「BⅭS (ボディ コンディション スコア)」という、愛犬の体型や体格を含めた見た目の状態、脂肪の付き方を判断する方法で肥満度チェックをします。

≪BCS5段階評価≫

BCS1 痩せすぎ 体脂肪率5%以下

あばらや腰骨などがはっきりと浮き出ている状態で、触るとすぐに骨がわかります。

上から見たときに砂時計のような形のくびれが特徴です。

BCS2 痩せ気味 体脂肪率5~15%

痩せすぎではないもののあばらがやや浮き出ていて、皮下脂肪がなく華奢です。

BCS1よりは膨らみがありますが、くびれも大きい状態です。

BCS3 理想的な体型 体脂肪率15~25%

体重も標準であばらに薄い皮下脂肪がついているため撫でると骨がわかります。

上から見たときのウエストのラインも緩やかに細くなっています。

BCS4 太り気味 体脂肪率25~35%

厚い皮下脂肪がついているため見た目ではあばらがわからず、くびれもほとんど確認できません。

横から見てもお腹周り引き締まっていないことがわかります。

BCS5 肥満 体脂肪率35%以上

とても分厚い皮下脂肪がついているため見た目はもちろん触ってもあばらが確認できない状態です。

お腹が出て垂れさがっていて、上から見ても横から見ても丸々としています。

 

≪BCSをチェックするポイント≫

見た目でウエストラインのくびれ具合を、

触ってあばらがどの位浮き出ているかを確認しましょう。

しかしBCSは簡単に愛犬が肥満かどうかを確認することができますが、見た目や触った感覚で判断することで評価する飼い主によってスコアに違いが出てきてしまいます。

BCS単独で活用するだけでなく、写真を撮っておくことでその後の変化を観察することができ、体重の増減を参考にしながら肥満度合いを評価するなど、複数の視点から観察を続けることが大切です。

 

人間と同じように、犬にとっても太りすぎは心臓病や糖尿病をはじめとした病気のリスクを高めます。

愛犬の健康管理は、飼い主の大切な役割でもあります。

 

愛知 チワワ ブリーダー